通信で習う

 

 

水明書道会の月間誌「水明」の課題及びSyuzan書塾独自の課題を、月単位で提出。

水明書道会の段級認定が受けられる。

 

 

教室に通う

 

 

京都桂教室へ通い、講師について書を習う。手本は講師が受講者一人ひとりにたいして書く。筆使いを習い、書する空気を常に感じることができるのが魅力である。

 

かわらばん

 

 

①5月より通塾の部、開講いたし

 ます。

②ブログ№3 [6.10]

③親子で書道はいかが[5.13]


ギャラリー

Syuzan書塾とは

書塾では、書を楽しみ、自由な自分流の書表現ができることを理想としています。

そのために、(筆使いの巧み)、(書することばの理解)、(表現の芸術性)を高めることを塾の習いとしています。

水明書道会とも連携していますので、書の学びをさらに自ら拡げていくことができます。

まず、門を叩いてみてください。

ごあいさつ

 〈書きびと〉

  高井秀山

 

白い書道紙に向かうと、雑念が暫く落ち着き、筆で書する時間は「無」の境地となります。ほんの少しの間ではありますが、書する時間と空間は大切なものだと思うようになってきました。

字の良し悪しは、後からゆっくり検討すればいいことで、そのうちなんとかなるものです。

自己紹介では一応「書人」と肩書をつけていますが、そんな大そうな者でもない。自分では書の道を逍遥する書き人(びと)だと思っております。

連絡先

〒615ー8061

京都市西京区下津林 北浦町10-35

高井秀山

☎080-3842-5831

syuzan-suimei@outlook.jp 

syuzan-suimei.com